出産した母親が夫を見て「ごめんね」と言う

- 広告 -

イライザは、ようやく生まれたばかりの赤ん坊の泣き声を聞いて、泣き出した。出産するとき、彼女は疲れ切っていて、出産の痛みがやっと終わったとはとても思えなかった。看護婦は子供をイライザの胸に乗せた。そしてついに、彼女はそれを腕に抱くことになった。

出産した母親が夫を見て「ごめんね」と言う

イライザは部屋を見回して、”ベンはどこ?”と聞いた。夫のベンは姿を消したようだ。すると、ベンが部屋に入ってきた。イライザの顔は青ざめ、すぐに白状しなければならないと思った。彼はイライザに歩み寄り、彼女の手を握り、そして彼女は “ごめんなさい “と言うのです。その理由は想像を絶するものです。

最も難しい嘘

イライザは難産でまだ回復していない。しかし、生まれたばかりの赤ちゃんを抱いた夫のベンを見たとき、喜びの気持ちはすぐに大きな悲しみに変わってしまった。これが、彼女が思い描いていた理想の人生の始まりだったはずだ。しかし、そこに至るまでに嘘をついたことを恥じていた。

- 広告 -

最も難しい嘘

「私に似ている、信じられない」とベンは感慨深げに言った。イライザの心はすぐに沈んだ。もうこれ以上、隠しておけないと思っていたのだ。彼は真実を知らなければならなかった…

- 広告 -