巨大なクジラとの接触でパニックに陥る海洋研究者

- 広告 -

優しい巨人

クジラは、その巨大さにもかかわらず、地球上で最も神秘的で穏やかな生き物のひとつです。そのユニークな特徴と奇妙な行動は人々を魅了します。しかし、生物学者の間では、このような生き物に対する警戒心が強い。


ナン・デシアー・ハウザー / フェイスブック

南太平洋に位置するクック諸島では、この海洋哺乳類との出会いが多くあります。この優しい巨人は、私たちが思っている以上に賢いようなので、海洋生物学者のコミュニティ全体に関心を呼び起こしました。しかし、この優しい巨人について、私たちが学ばなければならないことがまだあります。

有名な科学者

ナン・ハウザーは63歳の海洋生物学者である。彼女は生涯をかけてクジラの研究と支援を続けている。彼女はカナダとの国境に近いメイン州で生まれた。過去30年間、クジラの権利と安全のために戦ってできるだけ多くのクジラを記録してきた。

- 広告 -


ナン・デーシュラー・ハウザー/フェイスブック

- 広告 -