アザラシがダイバーの手を掴むまで、ダイバーはアザラシが何をしたいのか分かりませんでした。

- 広告 -

アザラシに手を握られるまで、ダイバーはアザラシが何をしたいのかわからなかった

特別なダイビングでした。ダイバーには、ユニークで美しい発見をするチャンスがあります。感動的な環境に囲まれながら、動物の生息地を見ることができるのです。これがゲイリー・グレイソンの動機であり、彼がこの趣味を始めた理由です。彼は、自然の生息地で動物にこれほど近づくことができるとは思ってもみませんでした…。

ゲイリーとバディ

ある日、ゲイリーと彼のダイビング仲間が水中世界を探検していると、どこからともなく数頭のアザラシが現れました。2人のダイバーは完全に唖然としてしまいました。アザラシがこんなに近くに来るなんて、普通では考えられない。さらに、2人のダイバーは、動物の邪魔をしないように、いつも動物をそっとしておくことを学んでいた。ゲイリーとバディは、落ち着いて静かにしていた。

- 広告 -

アザラシ

アザラシは、陸上では少し不器用に見えることがあります。浜辺をよちよちと歩いたり、岩につまずいたりします。それに比べて、水の中では優雅な姿を見せてくれる。彼らはスピードがあり、思いがけない動きをすることがある。ゲイリーと彼のダイビング仲間は、それに気付いていた。

アザラシは好奇心旺盛な動物として知られている。しかし、かわいい動物には別の一面もある。アザラシは攻撃的なところがあります。特に、初めての場所や慣れない場所では。そのため、2人のダイバーは慎重かつ冷静に水中カメラを構えた。しかし、アザラシがとった行動は、2人にとって予想外のものだった。

- 広告 -