鳥肌が立つほど美しい潜水艦や基地の数々。

980

鳥肌が立つほど美しい潜水艦や基地の数々。

軍艦にはそれぞれの物語がある。しかし、廃墟と化した潜水艦に遭遇すれば、より好奇心をそそられるのは当然です。これから紹介する潜水艦にまつわるエピソードは、にわかに信じがたいものばかりです。このような機械が作られたこと自体、奇跡としか言いようがないのですが、このような機械がどのような経験を経てきたのか、その話を聞いてみてください。海岸で発見されたものもあれば、暗くて不気味なトンネルで発見されたものもある。第二次世界大戦や冷戦時代には、秘密作戦に使用されたこともあるのです。もしあなたが歴史に感謝しているなら、読んでみてください!

ソ連海軍基地

シムシル島は、火山活動によってできた島々の一部で、日本の海岸から約250マイル離れたところにある。一見すると、この無人島が錆びた廃墟だらけで、まるで悪党の巣窟のように見えるとは誰も思わないだろう。70年代後半、ソ連は北部を潜水艦の秘密基地として利用し、ブルートナ湾に水路を開通させた。ソ連はこの基地を中心に町を作り、最盛期には3,000人が住んでいた。潜水艦のためのドックが3つあり、そのうちの1つは今もそのまま残っている。潜水艦は、北日本に爆薬や地雷を仕掛けるために使われた。また、基地はある時期、レーダー事態として機能していた。今では、軍事的な場所の痕跡は、壁画、看板、地図、そして潜水艦だけだろう…。

ソビエト海軍基地

サブマリン・エクスプローラー号

サブマリン・エクスプローラー号は、他のリストにあるものよりもさらに悲劇的な物語に見舞われました。ドイツの発明家ユリウス・H・クロールとアメリカの発明家アリエル・パターソンによって完成した。この船は、最初の水中艇のひとつであり、何時間も水中に潜ることができる最初の潜水艇であった。エクスプローラーの中には6人の乗組員が入ることができた。この船は、ブルックリンを拠点とするパシフィック・パール社のために開発されたもので、軍事用ではなかった!残念ながら、発明者たちは減圧が人体に及ぼす影響について認識していなかったため、大失敗に終わった。乗組員は “潜水病 “にかかり、命を落とした。試運転の末に死んだのは、クローエルが初めてだった。真珠層の乱獲だけでなく、その状態を誘発したため、彼らは最終的に船を放棄した。パナマで朽ち果てているのを発見したのは、考古学者のジェームズ・デルガドである。

- 広告 -

サブマリン・エクスプローラー号

- 広告 -